Photo 3163・3164

Elmwood mine
Carthage, Smith Co., Tennessee, USA

 褐色で透明な犬牙状方解石の成長過程で繊維状のBarian Celestineと思われる結晶が生じた標本。Barian Celestineは(Sr,Ba)SO4の化学式で示され、ストロンチウムとバリウムの硫酸塩鉱物。方解石にはかなりの部分で含まれており、表面ほとんどがBarian Celestineで覆われている方解石の端部に紫色の蛍石が生じており、褐色の方解石へと連続している。
 蛍石はBarian Celestineとともに生じたと考えられ、蛍石内部にまでBarian Celestineが入りこんでいる。写真では解り難いが、方解石内部にも蛍石が点在している。鉱物成長過程がよく分かる面白い標本である。


左側がBarian Celestineで覆われた方解石


所々に蛍石インクルージョンの影が見える

→LIST